就活家族2

就活家族・第2話。あらすじ、ネタバレ、感想。キャストなど。富川洋輔が会社を退職させられる?

就活家族・第2話。あらすじ、ネタバレ、感想。キャストなど

就活家族・第2話は、三浦友和さん演じる、富川洋輔が会社を退職させられてしまうようです。

そこから、富川家がおかしくなっていくのかもしれませんね。

ここから、富川も就活をしないとならなくなるのでしょうけれど、就活家族・第2話は、果たしてどうなるのでしょうか?

 

就活家族2

就活家族

就活家族・第2話。あらすじ、ネタバレ、感想。キャストなど。富川洋輔が会社を退職させられる?

キャスト

富川 洋輔: 三浦友和
富川 水希: 黒木瞳
富川 栞: 前田敦子
富川 光: 工藤阿須加

国原 耕太: 新井浩文
中原 綾子: 山本未來
綿引 雄二: 神保悟志
原口 亨: 矢島健一
橘 美里: 菜葉菜
織部 和久: 山田明郷
的場 英喜:中丸新将

戸川 加奈: 中川知香
真壁 雄斗: 渡辺大
夏野 久美: キムラ緑子
川村 優子: 木村多江
天谷 五郎: 段田安則

就活家族・第2話。あらすじ、ネタバレ

以下、就活家族・第2話のあらすじ、ネタバレです。

 

富川水希:新居見に行かない?
富川栞:聞いてるお父さん?
洋輔:聞いてるよ。
水希:ご飯は?
光:朝活マラソンだから。
洋輔:そこ怪しくないか、さっさとやめろ。
光:実績のある塾と言ったろうが、少しは俺を信用しろよ。

川村優子:ストーカー被害は、総務に報告しましたから。

社内で問題になっていてな。たまにはのんびり過ごすのもいい。新しい部署が決まるまで、自宅待機ということになった。富川君には、社長が付いている。悪いことにはならないさ。

ジュエルDで。
中原綾子:社内で、どういう関係?恋人?
栞:そんなことは。
真壁:ただの先輩、後輩です。
公園で、時間を潰す、洋輔。

あんた、昨日もここにいたね。リストラを家族に言えずに、通勤するのも辛いよね。
洋輔:申し訳ないですが、私とあなたは違いますよ。現役の企業マンですから。

社長と会う、洋輔。
洋輔:私の処遇は決まったんでしょうか?
社長:日鉄鋼物流の晴海倉庫に出向して貰うことになった。
洋輔:私より川村君を信用したということですか。本社にはいつ戻れるんでしょうか。片道切符ということですね。
社長:すまない。給料は最大限考慮する。
洋輔:私は、納得できません。そういうことなら、今月いっぱいで退職します。
社長:答えを急ぐな。
洋輔:まだまだ一線でやれるつもりです。自分の道は自分で切り開きます。

クラブで飲む、洋輔:なんでも頼んでくれ!

水希:役員昇格ともなると、お付き合いも増えて大変ね。

国原:今から実績を作るんだよ。例えば、福祉活動。
富川:俺は、賛成です。俺は、語れることもなくて。いつも一次で落とされて。

富川洋輔が、就職先を探すが、難しい。
日鉄鋼の看板があるから、それがなくなったら。と就職の面接で言われてしまう。

富川洋輔の退職の日

洋輔の退職の日。
洋輔:まさか、こんな形でやめることになるとは。しかし、俺は、この試練を乗り越える。

 

別の日に、家族4人で、家を見に行く。

バーで。
真壁:最初こそ売れるだろう。営業、なめてない?
栞:今夜、泊まってもいい?でも、私たち、付き合ってるじゃない。
真壁:会社の中では、絶対そういうそぶり見せんなよ。

募金活動をしている、光を見つける、水希。
光:これも、就職活動の一環なんだよ。

同窓会のお知らせが、洋輔にくる。

川村優子から電話。
川村:人事担当が変われば、社に残れると言われたんです。
洋輔:綿引にか?
川村:はい。ずっと好きだったんです。富川部長だってわかってたはずですよね。誕生日の時に渡した、タイピンを机の引き出しにしまってあったのを知った時の気持ちわかりますか。本当にバカなことをしてしまいました。結局、私も会社をやめてしまいました。償わせて欲しいんです。会社、訴えるなら、富川部長の味方になります。
洋輔:もう違う道に進むしかないんだよ。
川村:私の叔父がC&E総研という会社で働いています。叔父に話したら、ぜひ役員にと。
洋輔:君にとっては、ここが一番の復讐なんだろうな。案外、安っぽい人間だったと終わる。仕事ぐらい自分で探せるさ。

学校で。
同姓同名のサトウヒサシがいて、内申書によって、違う高校に行った。
なんとかしてくれないかと。校長が。

栞:お父さん、誰か買ってくれる人いないかな?
洋輔:自分でなんとか考えろよ。
栞:いっそ、転職しようかな。
洋輔:すぐにやめたら、評価されないぞ。
洋輔:たまにもいいもんだな、家族揃って、晩飯食うのも。
水希:カモミールよ、花言葉は、逆境に耐える。
洋輔:どういうつもりだ?
水希:私だって色々あるのよ。雇用延長の話なくなるかもしれないの。だって、ようちゃんがいるもの。いざとなったら、栞のことも、光のことも、力になるつもありなんでしょ。
水希が謝りに行くが、サトウヒサシは、引きこもりになっていた。
栞は、婚活パーティーに中原といく。そこで営業することに。

洋輔が川村に、おじさんの会社を紹介して欲しいと。

以上、就活家族・第2話のあらすじ、ネタバレでした。

就活家族・第2話の感想

ドラマ、就活家族、第2話は、洋輔が、日鉄鋼を退職することになります。

相談に乗っていた、女性社員の川村に騙されて、閑職に追いやられそうになり、退職する決断をします。

こういうことも、ないことはないですよね。まさか、という感じだろうと思いますが。とはいえ、諦めないで、闘うという方法もあったのかもしれません。まあ、洋輔が言うように、それで日鉄鋼に残っても、これまで通りというわけにはいかなかったかもしれませんが。

それでも、自分がやっていないのであれば、やっていないと、主張するというのは大切だったかもしれませんね。

そうした上で、退職というのも道としてはあったかもしれませんね。どうなるのかはわかりませんが。

こういうのも選択なのでしょうね。ドラマですし、現実で起こったら、どうするのかというのはあると思いますが、退職して就活をする前に、闘うというのもありなような気もします。どうせ退職してもたいへんでしょうし。

そんなことを感じた、就活家族の第2話でした。

そして、再就職先を探すわけですが、なかなか見つからず、どうやら、結局、洋輔は、川村のおじさんの会社に就職することになるのかもしれませんね。

この話が、「就活家族」の第3話になりそうです。ちなみに、第2話の視聴率は、9.4%と第1話より落ちてしまいましたね。ここから、どうやって盛り上げていくか。就活家族の盛り上がりがどういうところにあるのか、も気になるところです。