カルテット1

カルテット・第1話。あらすじ、ネタバレ、感想。キャストなど。4人の出会い

ドラマ・カルテット・第1話。あらすじ、ネタバレ、感想。キャスト。

ドラマ・カルテット、第1話が始まりました。

4重奏ということで、「偶然」出会った4人が集まって、共同生活をして、音楽をやっていくという話です。

今回の第1話は、その4人の出会いなどの話でした。

 

カルテット1

カルテット

カルテット・第1話。あらすじ、ネタバレ、感想。キャストなど。4人の出会い

キャスト

巻 真紀: 松たか子
世吹 すずめ:満島ひかり
家森 諭高:高橋一生
別府 司:松田龍平

来杉 有朱:吉岡里帆
谷村 大二郎:富澤たけし
谷村 多可美:八木亜希子

半田 温志:Mummy-D
巻 鏡子:もたいまさこ

Twitter

Instagram

 

ドラマ・カルテット・第1話。あらすじ、ネタバレ

以下、カルテット・第1話のあらすじ、ネタバレです。

巻鏡子:すずめさんですよね。あなたにお願いしたいお仕事があるんです。
世吹すずめ:演奏だったら、どこでも。
巻:この女性と友達になる仕事です。

軽井沢の別荘へ向かう。

別府司:僕は、運命だと思っているんです。カラオケボックスで偶然出会って。僕たち、最高のカルテットになります。
巻真紀:人生には三つの坂があるそうです。上り坂、下り坂。

別荘で、真紀、すずめ、別府、家森で、4人で演奏を始める。

鶏肉に、レモンをかけるかどうか。
真紀:どうしてかける前に聞かなかったのですか?
家森:それ。

レモンをかけるかどうかを聞くかどうかで議論に。
真紀:レモン、ありますね。
家森:レモン、ありますね。

平熱が高いと、うなじからいい匂いがする、から、真紀は、夫を好きになった?

家に帰る、真紀。
別府は、仕事をさせてもらえない。
家森は、美容室のバイトリーダー。

車のバンに、塗装する4人。
バンで移動して。
写真を撮る、4人。

ベンジャミン瀧田:俺、ピアノやってんだ。一度聞きに来いよ。

ライブレストラン・ノクターンで演奏しようということに。
しかし、ベンジャミン瀧田がいるので、できない。

真紀:あの人、5年前に東京で見たときも、余命9ヶ月でした。どうします?お店の方に言えば、代わりに私たちが。
瀧田:ようカルテット。よくきたね。嬉しいよ。

瀧田の家で飲むことに。

別府:夫婦っていいですね。夫婦ってなんですか?
真紀:だと思います。じゃまた来週。
聞こえない。

真紀が、ライブレストラン・ノクターンに行く

真紀が、ライブレストラン・ノクターンに行く。
真紀:瀧田さんが、余命9ヶ月とおしゃっているのは、全部、嘘です。

3人が、ノクターンに来る。
別府:こちらに巻さんという方が。
谷村:控え室の下見をされています。
瀧田はクビに。その夜に、カルテットが演奏することに。

別府:もっと他にやり方があったんじゃないですか?
真紀:思いやり、同情ですか。
別府:同情じゃありません。思いやりを。
真紀:私たち、アリとキリギリスじゃないですか。私たち、音楽で食べていけなかったじゃないですか。ベンジャミンさんは、嘘をついた。こっちだって、奪い取るしかなかったんじゃないですか。
別府:ごめんなさい。僕がグズグズ言ったから。
すずめ:真紀さんには、帰る家あるし。旦那さん、どんな感じですか。
真紀:ファ、もらえますか。
演奏を始めたが。
真紀:唐揚げ、美味しかったですね。旦那も唐揚げ好きなんです。今までにないくらい、美味しいと言って食べてくれて。それから、うちの定番メニューになって。ある日、後輩と食べているところで、唐揚げにレモンをかけないって言っていたんです。
家森:それは、愛情でしょう。
真紀:夫婦って、別れられる家族なんだと思います。
別府:愛情があって、だと思います。絶対。
真紀:絶対なんて。人生には3つ坂があるんですって。上り坂、下り坂、まさか。一年前、夫が失踪しました。コンビニ行っている間に。
すずめ:理由、わからないんですか?
真紀:後輩が、奥さんのこと愛してるんですか?って聞いたんです。愛してるけど、好きじゃないって。そういうことなので、私、もう帰るところないんです。私、皆さんと一緒に音楽と暮らしたいです。

その日の夜、ノクターンで演奏する4人。
真紀:あの日、カラオケボックスで、みなさんに偶然出会えてよかったです。あれって、運命だったのかもしれませんね。

翌朝、泣きながら演奏している真紀。
すずめ:紫式部って知ってます?
と、家森の使っているティッシュペーパーを持ってきて、使う2人。
すずめは、真紀の話を録音していた。そして、それを、巻鏡子に聞かせる。
巻鏡子:息子は失踪なんかしていません。この女に殺されたんです。必ず、どこかで本性が出ます。それまで友達のふりを続けてください。

以上、カルテット・第1話のあらすじ、ネタバレでした。

カルテット・第1話の感想

カルテット、第1話は、4人の出会いでしたね。あとは、4人のだいたいの紹介といったところでしょうか。

それぞれに、なんとなく秘密があって、それらが少しずつわかってくるといった感じの展開です。

松たか子さん演じる、主人公の巻真紀は、夫に失踪されて、失意の中にいたところ、他の3人の演奏者と出会う。そして、彼らと音楽を通しての共同生活をしていって、関係を作っていくようです。

4人それぞれ、うまくいっていないところがあって、それでも、音楽で繋がっているという感じですね。

また、真紀の夫のお母さんの巻鏡子は、息子が真紀に殺されていると思っていて、世吹すずめに探らせています。他の2人も、おそらく巻鏡子に頼まれたのだろうと思います。まだわかりませんが。

それぞれ、何かが満たされず、欠けているからでしょうか、4人の掛け合いがなんかおかしな感じになっています。コミュニケーションなんてこんなものなのかもしれませんが、それぞれの性格が違っていて、それでも音楽で繋がって、共同生活をしている。

そんな感じのカルテット、第1話でした。第1話の視聴率は、9.8%だったということで、悪くはないですよね。ここからどうなっていくのか。この時間帯は、前クールの「逃げ恥」のあとです。ヒットしたドラマのあとは、なかなか大変だろうと思いますが、ここからどうなるかですよね。

カルテットの第2話は、別府司の話が中心のようですね。別府司と女性の同僚の恋話が第2話のようです。ドラマ・カルテット、ここからどう盛り上がっていくのか。気になりますね。